simple-web-system technology

Webに関する技術をシンプルに扱うブログ

linuxでsteamのゲームをtype-cで給電しながらやっていたら遅くなった。むしろ給電しないほうが速かった

マジかよって感じ・・・

nvidia-settingsPowerMizerの項目を見ていて発見

Power Sourceの項目がBatteryになっていると、Performance Levelsが1や2を行き来して、Graphics Clockも通常通り。

ただ、(多分)usb type-cとかで給電して、電力量が少し不足していると、Power SourceUndersizedになる。

このままだと、まだPerformance Levelsが1とか2だったりするが、ゲーム等の処理が重いものを起動したタイミングとかでPerformance Levelsが0になって、Graphics Clockも一気に下がる。

多分ゲーム以外もこれが原因で遅くなってる気配がある。

まさか給電してるほうが遅くなるなんて・・・

AC電源での給電等は後日調べます。